2010年11月03日

瓶ヶ森

今日は家族で瓶ヶ森登山に出撃!国道194号から寒風茶屋へ。寒風茶屋の駐車場は既に満杯だ。紅葉時期なので登山客が殺到しているのだろう。一抹の不安を感じながら瓶ヶ森林道を車で進み、10時過ぎに瓶ヶ森登山口に到着。早速、登山開始。
B_0348.jpg

瓶ヶ森には男山と女山の2つのピークがあり、上り始めるとすぐに男山と女山へ向う分岐がある。ぐるっと回れるのでどちらのルートでも問題無いのだが、他の登山客が山頂は女山と教えてくれたので、女山を目指すことにした。

氷見二千石原だ。石鎚山が見える。
B_0349.jpg

少しルートから外れ瓶壺にも寄ってみた。冷たい水をたたえている。
B_0350.jpg

氷見二千石原は広大な笹原だ。
B_0351.jpg

霧氷が美しい。
B_0352.jpg

11:40女山山頂到着(標高1,896m)。
B_0353.jpg

おにぎりを食べ、ここから男山を目指す。といっても、駐車場へ戻る途中にあるから実質下山なのである。

霧氷の中を進み男山到着。
B_0354.jpg

12:50、無事下山したのでした。

車に乗り、面河の紅葉でも見に行こうと土小屋方面へ進むも道路も狭い上に凄い車の量で行き違いにてこずり渋滞にハマる。混雑の嫌いなオイラは面河を諦めさっさと長沢方面へと下ったのでした。やはり、これからは紅葉狩りは自転車で行くとしよう!



posted by まっつん at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

銅山越

今日は天気もいいので登山へGO!今回の目的地は銅山越だ。別子ラインを登り大永山トンネルを抜け少し下り、別子ダム付近に登山口がある。
B_0176.jpg

10:30から登り出す。ここにはかつて別子銅山精錬所があり、何千人もの人が暮らして、その廃墟が至る所に残っている。ちょっとした遺跡探検だ。

各界の要人を接待したという小足谷接待館跡地。
B_0177.jpg

298人もの生徒がいた小足谷小学校跡。
B_0178.jpg

ダイヤモンド水だ。
B_0179.jpg

ボーリング調査時、地下水脈にぶちあたり吹き出てきた。その時先端に小さなダイヤモンドをちりばめた掘削用ロッドが回収不能となり今も地下に眠ることからダイヤモンド水と呼ばれるようになったそうな。

どんどん進もう。
B_0180.jpg

坑道跡だ。
B_0181.jpg

同じく坑道跡である歓喜坑・歓東坑跡。こちらは観光用に復元されている。
B_0182.jpg

12:15、銅山越(1,294m)着。ここを越えて新居浜に銅を運んでいたそうな。
B_0183.jpg

お地蔵さんもいらっしゃる。
B_0184.jpg

帰りは別ルートで下ろう。少し歩くと蘭塔場跡が見える。火災で亡くなった方を弔う為の墓所らしい。
B_0185.jpg

2:40に無事登山口まで下山したのでした。



posted by まっつん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

えんとつ山

先週、東平へ行った話を奥様にすると「私も行きたい!」となり、見る価値ないぞ!との説得虚しく行く事になりました。今回は車で出撃。前回散策しなかった、娯楽施設跡と病院跡を紹介しよう。

ど〜ん娯楽施設跡。
B_0082.jpg

ど〜ん病院跡。
B_0083.jpg

すばらしい・・・。

帰りは山根公園に立ち寄り、えんとつ山へ登山である。
B_0084.jpg

えんとつ山は標高120mを誇り所要時間15分という大変厳しい山岳登山なのである。
B_0085.jpg

この煙突は1888年(明治21年)に竣工した山根精錬所跡地に立ち、18mを誇り120年を経た今も尚立ち続けているのである。



posted by まっつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

寒風山登山

ある日、奥様が「登山がしたい!」と言い出した。「行こう。行こう。」と即答のオイラ。今日は登山に出撃晴れ。4歳の息子も登るので家から近くで歩く時間の少ない山を探していたら寒風山が良さそうだったので行くことにした。国道194号を登り旧寒風山トンネルを抜け10:30に寒風茶屋に到着。
IMG_4827.jpg

駐車場は既に一杯だ。寒風茶屋を少し覗くと、こんにゃくとか炭火で焼いていて旨そうだ目!帰りにぜひ食せねばなるまい!と密かに心に誓うのであった手(チョキ)。準備を済ませ10:40の登山開始だ。
IMG_4828.jpg

いきなり崖のような登山道を登るので玄人向けの登山かと心配したが少し登ると歩きやすくなってきた。1時間程で桑瀬峠(標高1,451m)に到着だ。
IMG_4852.jpg

ここは笹が生い茂る場所で寒風山方面と伊予富士方面への分岐点なのだ。少し休憩し寒風山へと向う。少し歩くと紅葉が見事なのでお弁当を食べる事にした。
IMG_4860.jpg

その先は急な登りで梯子なんかもある。息子も元気に登っていく。やるじゃないか。13:10に寒風山山頂(標高1,736m)に到着である。
IMG_4879.jpg

ここから更に笹ヶ峰へ向う事も可能だが、オイラ達はここで終了だ。景色を堪能した後は下山。15:40に寒風茶屋の戻ったのでした。しかし、ここで衝撃的事実がexclamationなんと寒風茶屋は既に閉まっているではないかexclamation&question楽しみにしていたこんにゃくが〜・・・もうやだ〜(悲しい顔)

寒風山は紅葉も見事で景色が非常に綺麗な山であった。満足。息子もよくがんばりました。フォトグラフ・・・
posted by まっつん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。